ホットヨガスタジオLAVA

ホットヨガ 頭痛 危険

ホットヨガをしていると、頭痛やめまいなどを起こすことがありますが
それを放置すると危険なこともあります。

まず頭痛が起きる多くの原因は脱水状態で、
この状態になると体が運動のために
必要な酸素や栄養素を取り込もうとして結果が拡張しますが、
この時に拡張した血管が頭周辺の神経を圧迫して頭痛が起きたりします。

ホットヨガは高温多湿なので、
大量にあせをかいて脱水症状を起こしやすく、
さらに湿度が高いので喉の渇きに気が付きにくく
無自覚でなっていることも多いです。

めまいなどを起こすとレッスン中に転倒して事故の原因になります。

そのためこまめに水分補給をすることが大事です。

また、頭痛やめまいを起こしやすい人は酸欠状態なことも原因で、
ヨガをするときは鼻呼吸で深い呼吸をすることが重要で、
慣れてないとポージングに集中し呼吸が浅くなったり、
止めたりしまいがちで体内へ十分な酸素が行きわたらなくなります。

それが、同じように酸素を運ぶために血管が拡張して頭痛を起こすこともあります。
 

ホットヨガ 毎日 危険

また、ホットヨガは適度に行う分には体にも良くメリットも多いですが、
無理をして毎日通ったりすると体への負担がかかって危険なこともあります。

高温多湿なので1回だけでも体調が悪くなる人から、やりすぎで崩す人もいます。

いきなり毎日通わずに、
無理のない週に1回から2回から初めて慣れてきて
頻度を増やしていくのがおすすめです。

注意したいのが温度差で体へ負担がかかることで、
クーラー病や冷房病などがありますがこれは夏にクーラーが効いた部屋と、
暑い外を行き来きすることで起きる体調不良で、
これには頭痛・むくみ・肩こりなどから、
酷いと気分が悪くなって嘔吐することもあります。

主な原因は極度に温度の違う空間を行き来きすることで起きる体温調節や
発汗を促す自律神経が乱れで、これはホットヨガでも起きます。

毎日何個もレッスンを受けると逆に体調を崩すこともあり、
これはインストラクターの人でも起こる事あると言われてます。

通っていて体調が優れないと感じたら、
通い過ぎも原因かもしれないので
その時は頻度を減らして様子を見た方がいいです。
 

ホットヨガ 危険性 コロナ

現在も一向におさまる気配がないコロナですが、
ホットヨで感染する危険性は高いの気になるところです。

実際にスタジオでは感染者も出ているところもあります。

各スタジオでも万全の対策はとってますが、
それでも完全に防げるわけではないので安心出来るとも言えません。

実際、密封された場所で換気も悪く人の密度も高い場所ですし、
近距離の会話などがあるかによってもリスクは違います。

他にもロッカーなどの着替える場所も接触感染リスクがあり、
このような場所が感染拡大になっているとまではまだ不明です。

ここで大事なのは人同士の物理的な距離を取ることで、
ここで難しいのが割と元気な人が知らない間に多くの人へ感染させていることで、
誰から集団へ感染させているかもわかりません。

飛沫感染対策だと1~2mはあけないといけません。

また、感染拡大しやすい場面として、
換気が悪い密封空間・近距離で会話や発生がある・手の届く距離に大勢の人で、
この条件が揃わないように対策が欠かせません。

ただ、実際は普段の生活でもこのような場面は多く、
日常の生活を一部変えない限りは防ぎようがないとも言えます。
 

 

ご挨拶

サイト管理人のアーサナです。何年も自分でヨガをやってました。
イマイチ効果を実感できないなぁ、と思って一念発起。スタジオに通い始めてはや一年。
コロナ休会からも復帰し、汗を流しながら心を整える日々です。
このサイトが皆さんがホットヨガを始めるきっかけになれば嬉しいです。
(注)当サイト管理人はLAVAに通っているので当サイトはややLAVAびいきになりがちなのはご了承くださいませ。

© 2021 ホットヨガ rss